水道からの水漏れは主に2パターン

住宅での水道トラブルの中で最も多い案件が、蛇口からの水漏れです。もし実際に起きたら、蛇口のどこから漏れているかを確認しましょう。問題のある個所がわかれば、ある程度何が原因かを推測できるからです。トラブルとしては蛇口を閉めてもポタポタ水が流れるケースや、ハンドル下から水が漏れるケースがほとんどです。

■ハンドルを閉めても水が止まらない

しっかりハンドルを閉めたつもりでもポタポタと蛇口から水滴から落ちてくるのなら、パッキンもしくはケレップと呼ばれるパーツに何らかの問題が起きている可能性が高いです。カバーナットを取り外して、水洗上部を取り出します。ピンセットなどを使ってケレップを取り出して、新しいものと交換します。そして今までと逆の手順で取り付ければ、修理は完了です。自分で作業することも可能ではあります。ただしその場合、止水栓を止めてから作業を始める点は忘れないことです。



■ハンドルの下から水漏れが起きている

もしハンドルの場合、これは内部のパッキンの劣化が原因と考えたほうがいいです。この場合には新しいパッキンと交換すれば、水漏れの症状を改善できるかもしれません。ハンドルの上に設置されているビスを取り外すと、ハンドルが取れる仕組みになっているはずです。そうするとカバーナットが露出した状態になり、これを緩めることでハンドル内のパッキンを取り出せますから、新しいものと交換して逆の手順で元通りにしていきます。



■まとめ
水道のトラブルの場合、どうすればいいかパニックになってしまうかもしれません。しかしどこで水漏れが発生しているかが分かれば、やるべき作業も決まってきます。自分でも修理可能ですが、場合によっては補修しても症状が直らないこともあり得ます。その場合、蛇口 交換なども必要になるかもしれないため、専門業者に相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ