水漏れ修理でトラブルにならないために

自宅で水漏れが発生した場合、業者に依頼して修理してもらうのが一般的です。業者を呼ぶにあたって、いろいろとわからないことや不安なことも出てくるでしょう。年に何度も利用するサービスではないはずだからです。そこで修理をお願いする際に注意すべきことについて紹介します。

■水漏れを発見したら

水回りなどで水漏れが起きている、疑わしいと感じたら止水栓を締めることです。こうすれば水の流れを遮断できるため、これ以上の漏水を発生させずに済みます。床や壁に水がしみ出した場合、腐食を起こし住宅の劣化を早めかねません。もし止水栓が見つからない、どこで漏れが発生しているか具体的な箇所が特定できなければ、元栓を締めてしまいましょう。元栓は宅内のすべての水道の流れを止められるため、こちらを締めればどこで発生している水漏れでも止められます。業者を呼ぶ人の中で、そのまま放置しているケースは結構多いです。これだけの作業でもその後の修理内容が変わってくるかもしれません。

■見積もりをとって内容を確認する

業者に作業を依頼した場合、修理代金がいくらかかるのかはやはり気になるところでしょう。何が原因か、どこで発生しているか、部品交換する場合何を使用するかで料金も変わってきます。このため一概にいくらとは言えないところがあります。そこで見積もりをとって、どの程度費用がかかるかあらかじめ確認することです。この時、特に注意したいのは作業費と部品代についてです。ここは業者によって違いがありますから、きちんとスタッフに説明を求めましょう。



■まとめ
水漏れが起きると、値段はさておきとにかく早く修理しなければならないという心理状況に陥りがちです。しかし止水栓や元栓を締めれば、それ以上の水漏れは起こらなくなります。つまり慌てて作業依頼する必要がなくなり、見積もりをとって担当者に説明を求められるなど冷静に対処できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ