配管のつなぎ目などから水漏れした際の応急処置は?

水回りのトラブルの中でも多く報告されているのが、給水管や排水管 水漏れです。このような問題が起きれば、専門業者に速やかに連絡することが基本です。しかし、それ以上の被害拡大を防ぐために、一般の方でもできる応急処置があります。予備知識として理解しておくと、冷静に対処できます。

■給水管のトラブル

給水管の水漏れの場合、いわゆるつなぎ目のところで発生するパターンが多いです。まず行うことは止水栓を止めることです。こうすればとりあえず家庭の中では水の流れを止められます。ただし給水管の中に残っている水は漏れてきます。この場合には、配管補修用のテープを貼り付けることで亀裂をカバーする方法が有効です。このテープは、ホームセンターなどに行くと販売されているはずです。何重にもきつく巻き付ければ、被害を食い止められます。ただし強度が十分でない商品だと、また少しずつ漏れ出す恐れがあります。念のため下には新聞紙や雑巾などをセットしておきましょう。


■排水管のトラブル

排水管の水漏れの場合、蛇口をひねらなければそれ以上被害が悪化することもないです。このため給水管のトラブルのように止水栓を止める必要はありません。そのうえでつなぎ目など漏水の発生個所を先ほど見たテープを巻き付けておいて、排水が外に出てこないように対処することです。ただし、排水管の場合、床下や天井など、目に見えないところで問題が起きている可能性もあります。そうなると、テープなどを巻き付けるといった対処はできません。元栓や止水栓を止めたうえで、速やかに専門業者を呼ぶべきです。



■まとめ
配管の水漏れは、最終的には水道工事の専門業者にお願いしたほうがいいです。しかし応急処置を施すことで、これ以上の悪化を食い止めることは可能です。特に配管用のテープは有効です。有事のための備えとして、お店に立ち寄った際についでに購入しておくと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ